利益は最大に、損失は最小に

 OCO注文とは「One Cancel Other」を意味しており、それぞれ頭文字をとって呼ばれています。意味あいの通り、同時に2つの注文をし、一方の注文が約定したら、もう一方はキャンセルをするといった注文方法です。OCO注文の利点は利益を獲得する面においても、損失を抑える面においてもどちらにも効果的であるというところです。

現在1ドル80円のレートでドルの買いポジションを保有していると仮定してみます。ドルが上がりドル高のトレンドになる、と予測した上でのドルの買いポジションを持ったわけです。予想が当たり、利益が出ている状態が続いている場合なら、更に利益を重ねたいと欲を出したくなります。しかし経済指標の発表内容によって、もしくは何らかの要因が影響してドルが売られ下降トレンドをとることも考えられます。

ここでOCO注文を入れると次のようになります。1ドル83円になったらドル売りの注文を入れて利益を確定させ、同時にまた1ドル81円50銭になった時にもドルの売り注文し損失を限定するように指定するのです。これによりドル高が進み1ドル80円から83円にまで上昇した場合は利益が確定し、ドル売りが行われることになります。その場合は同時に注文していた1ドル81円50銭になったらドル売りをする、という注文はキャンセルとなります。自動的にキャンセルが行われるためこちら側で何かする必要はありません。

投資家個々人によってそれぞれでしょう。http://www.ハイロー.net/ではその取引環境のためにリスクは元々限定されています。しかし、この方法を利用すると、事前注文を出す時点で、利益確定もしくは損失限定のどちらかが売り注文として行われるというところまで、確定させることができます。つまり、その間必ずしもレートの値動きを見るため画面に張り付いている必要はなくなるため、常にポジションを見てはいられない、という場合にはとても便利な方法です。

ドル高が進み利益が獲得できるような相場であった場合でも、そのドル高がどこまで進むのかという可能性を予想するのは、投資家それぞれの戦略や考え方によって異なるでしょう。本来ならレートの値動きを逐一観察し画面の前から離れられない状況になるところですが、OCO注文を利用することでその必要もなくなります。注文を出した時点で利益もしくは損失がすでに確定されることになるからです。日頃忙しくて取引のためにレートやポジションを常に見ていられないという人には非常に便利な注文方法です。

利益と損失、どのポイントで確定させるべきか

どこまでいったら利益を確定させるのか、またどこまで落ちたら損失として切るのか、双方のポイントを絞ることは、OCO注文で取引する際に非常に重要とされる部分です。

一例として現時点のドルと円のレートを1ドル82円とします。現在持っているドルの買いポジション(1ドル80円)はドル高が進んだ場合、どこで売りのポジションを持つのがベストなのでしょうか。あまり高いところでポジションを持ってしまうと、そのポイントまでドル高とならないこともあります。そのポイントに至る前にドル安へと落ちてしまうこともあるため、せっかくのドル高傾向であったのに利益獲得のチャンスを逃してしまいます。

では、ドルの買いポジション(1ドル80円)を持っている状態で、1ドル81円50銭近辺でドル売りに注文するとしましょう。現時点のレートが1ドル82円なわけですから、ドル安になってしまっても買いポジションの値から見れば、1円50銭の利益は確実に確保できることになります。このような置き方はドル安に転じた時のための措置です。ドル安に変わってしまっても利益が残るような注文ができるように頭に入れておくべきです。もちろんドル高が進むことを考えチャートを考察し、利益確定のドル売りポイントを的確に狙うことも忘れてはなりません。

上記の例では利益が既に多少出ている場合でしたが、現状で利益がゼロに違い場合はどうでしょうか。今回は現時点のレートが1ドル80円20銭だったとしましょう。持っているドルの買いポジション(1ドル80円)に対して利益はほとんどありません。利益を確定させたいポイントは1ドル82円近辺にした場合、損失として切るポイントはどこがベストなのかを考えてみます。

買値を基準にドル安にしすぎてしまうと損失は大きくなってしまいます。損失が出た時に自分の中で処理できるような範囲内でドル売りの注文を置くことが大切です。

だいたい1ドル79円70銭付近がポイントだとしておけば、損失が大きくなりすぎてしまったというようなことはないでしょう。

OCO注文の目的は、最大限に利益を引き出し、かつ損失は最小に食い止めるということですから、この目的を果たせるための効果的なポイントを判断することが重要になります。