1000通貨からの取引がおすすめな訳

s98d7f9 FXの取引には、基本的な取引の単位があります。通常は1万通貨になります。ドルで言えば1万ドルということになります。1ドル=100円とすると、100万円分になります。つまり100万円単位で取引を行なうことになりますが、FXではレバレッジを利用しますので、日本国内でのレバレッジの最大である25倍とすると、必要な資金は4万円になります。

しかしFX業者の中には、1000通貨からの取引ができるところがあります。その場合は、4千円からの資金で取引が可能になります。つまり1000通貨からの取引ができれば、それだけ少ない資金で取引が可能になるのです。FXの初心者ブログや初心者用のフォラム等では、小額から始められる業者比較をよく行っています。

ここに1000通貨からの取引のメリットをいくつか挙げてみましょう。

すでに述べましたが、少ない資金での取引が可能なことです。例えば会社員の人で、月に自由に使えるお金が4万円の人は、かなり恵まれているといえるでしょうが、4千円ならば、月々のお小遣いでやっていけるでしょう。

取引回数を増やすことができる

少額からの取引ができるので、逆に言うと同じ資金で、それだけ多くの取引ができることになります。FXの取引は、小さな利益を積み重ねていくのが基本です。またビギナーの場合には、それだけ練習を積むことが可能になります。

リスクを分散できる

投資を行なう際に、もっとも大切と言って良いことは、リスク管理をしっかりとすることです。リスク管理の方法の1つとして、投資先を分散する方法があります。1万通貨で1つの通貨を取引するよりも、数千通貨づつで複数の通貨に分散して取引を行なうことで、リスク管理となるのです。ハイローオーストラリアというバイナリーオプション海外業者では、このリスク管理に対して真面目に取り組んでいるようです。一度ハイローオーストラリアを開いてデモトレードを試してみてはいかがでしょうか。

きめ細かい売買が可能

1万通貨を持っていたとして、取引通貨単位が1万だと、そのすべてを売る、あるいは買うだけしかできません。しかし1千通貨の取引ができれば、例えば持っている1万通貨のうちの7千のみを売って利益を確定し、残りの3千は、様子見で持っておくといった細かい売買も可能になります。

1000通貨での取引ができるメリットをまとめると、それだけ少額で取引ができる点につきるでしょう。特にビギナーのうちは、1度の取引で万単位のお金を動かすのは、度胸がいることだと思います。数千円の取引でFXに慣れて、そこで自信がつけば、1万単位の取引に進めば良いでしょう。